株に投資をする意味について

株式に投資をする意味ですが、個人間のやり取りでは、最も大きな意味を持つのは株式の売却です。株式では自己が保有する株の価値が最大でも100倍に膨れ上がる可能性があります。これはFXによる価値の変動の場合年間においては30パーセントまでの上限となっているため株のほうが大きく価値が上がり売却時に利益を得ることが出来ます。 株式は売却をして利益を得ることとあえて売却をせず配当金と言う企業が儲けた利益を株主に還元する制度で利益を得るということも可能です。これについては、FXには無い取り組みで何もしなくても自己所有している株券があれば利益を生み出すということです。 ただし、株主に会社の利益を還元できなくなった場合、配当金が減少したり配当金自体が無くなるため配当金を当てにしすぎるというのは考えようによってはあまり良い考えではないです。 株を売却し歴を得るまたは配当金の利益を得ることが株式に投資する意味であり、これらが株主の利益となります。しかしながらこれは個人においての株式の考え方で、企業が株主となる場合、相手の企業を買収するという意味があり、ライバル会社の株を購入し大株主となることで実質的にその会社の経営を握り支配することが出来ます。 これも株に投資をする意味で相手の会社を合法的に支配し傘下に入れることが出来る手法が株の売買になります。この時、管下に入った会社の経営を管下に入れた側の役員で構成することが出来るので、管下に入った会社の経営を自己の役員が担えるので実質支配とさせていただきます。 これがFXには無い取り組みで株の場合、会社の経営権もセットで売買されているとみなすことが出来、株式の60%を購入出来れば経営に関する権利を持つことが可能で100パーセント買い上げればすべての業務を行うことが可能となり、会社を購入したとみなされます。これはあくまで企業間同士のお話ですが故人においても資産さえあれば可能なお話なので、会社を購入することが出来るのが株式投資の魅力でもあります。 FXの場合は貨幣を購入しやり取りし、貨幣の価値の増減で利益を得るため国を購入するということは出来ず、あくまで貨幣で利益を得ているのに過ぎないのです。 株はこの他にも、好きな会社に頑張ってほしいから資金を提供し経営は任せるということで株主になるという選択肢もあるため、会社を育てることも可能で、自己の資金を投資し会社を育てるという楽しみもあるため株式に投資をする意味については人により異なり、会社を購入したい、株の売却で利益を得たいなど様々です。

未分類

Posted by admin