株式投資の楽しみについて

株式投資のリターンはもちろんのこと株価の売却による利幅にあると言えるでしょう。しかしながらそれだけではいない楽しみ、資金面でのバックもありますので具体的に挙げていきたいと思います。
まずはなんといっても配当です。株価がそれほど値上がりしない、低迷している銘柄であっても配当は手堅く株主に報いている場合があります。実際にこのように配当で株主に報いている企業を探すのも非常に面白いところだと思います。
次に、株主優待券です。実際、企業にとっては個人投資家を手放さないために様々な手を打っています。なかなか株価が振るわなくて個人投資家を逃したくないと言う場合に、自社の投資であればさほど響かないので株主優待券で報いる場合も多いです。実際にこの株主優待券を自分自身の趣味である分野で生かすことができれば、仮に株価そのものが振るわなくても、メリットのある生活を享受することができると思えば許されるのではないでしょうか。
そしてお金だけではないメリットについてご紹介します。それは何といっても自分自身が応援している企業かどうかと言うことです。企業スポーツ活動や社会貢献活動などを通じて自分が応援したいと思う企業であれば仮に株価が多少下がっていても問題はなかろうと思います。もちろん最初に値下がりした際の損切りが決めておかなければ背に腹は変えられないのできちんと決めておきましょう。
このように、実際の株価の売却益だけをメリットとするわけではなく株式投資を楽しむ手法はあります。
しかしながら、このような手法はあくまでも単一の銘柄を持っているのではなく複数の銘柄を並行して投資していることが大前提になります。
以上を踏まえると、やはり株式投資を行う際にはいくつかの業界、いくつかの銘柄をきちんと学んだ上で投資をすることが重要だと言うことが分かるのではないでしょうか。自分が応援したい企業、売却益を狙う企業、株主優待券で報いてもらいたい企業、配当が優れている企業などいくつかを組み合わせて投資することによってリスクヘッジもできますし、自分自身の満足度も得ることができます。
初心者にとっては複数の銘柄を少しずつ購入することの方が単一銘柄に巨額投資するよりも間違いなくリスクヘッジにつながりますし、長く株式投資を楽しむための手段だと言えると思います。
最初が肝心で、大きな失敗をしてしまうとなかなか継続した株式投資に後ろ向きになってしまいます。

未分類

Posted by admin