株式投資が一般人にはお勧め

投稿者: |

投資といえばどのようなものをイメージするのかというと多くの人がまずは株式投資でしょう。昔はかなりやりにくい投資でもあったのですが今ではかなり簡単に一般人でも株式投資をするということがしやすくなってきています。 口座を維持するのにお金がかからなくなってきているとか、取引手数料が自由化されて以来どんどん安くなってきているといったようなことがあるからです。 実は株式投資限定の話ではありますが取引手数料は世界でも屈指で低いです。つまりは、株式投資の取引コスト自体は安いので、とてもやりやすくなっています。さらに言えばずっと続く制度というわけではないですがNISAのような株式取引などをするときに適用させれば非課税でいくらか取引ができるというような制度の積極的に作られてきているので、まずお勧めできる投資となっています。 また株式投資の良いところとしてキャピタルゲインしかないというわけではなく、配当金を狙うこともできますし、さらにいえば一般人がその企業に投資する利点の一つとして優待がある点でしょう。 株式投資で狙うものの一つとして優待というのがあります。株主優待と呼ばれるものです。優待を実施している企業としては、凡そ1000社程度あるとされており、いろいろと選ぶことができます。自社製品とかサービスというものを割り引いて提供したりあるいは無償で提供することができる券などを配布していることが多いです。 或は自社とはまったく関係ないクオカードとか農産物などを優待としているところもあったりして、それぞれ特徴があります。優待のみを狙って株式投資をしているという人も世の中にはいるくらいであり、本当によく利用する企業の銘柄であってそのサービスを割り引いて利用することができるといったようなものであればその銘柄を長く保有するということはかなり利点となることでしょう。 優待も常に出しているわけではない、ということがありますからその点は注意が必要です。優待狙いというのは大きな投資とか大きなリターンを狙っているというわけではなく、一般人がちょっと日常生活において使っているサービスを割引を狙うとかその企業を応援したいといったようなことを目的にやることも多いです。 しかし、投資であることには違いはなく、目的は当然ですが利益を出すことです。ですから、いつも商品を買っていたりサービスを利用していたりする企業の株を応援目的で買うにしても利益が出ることは前提となるでしょう。