家から出られないので1円抜けでぽん

投稿者: |

コロナウイルスで外出を控えるように現在、様々なところで影響がでてしまっています。こんな時には1円抜けがいいように思い、注文を出し続けています。仕事がある時には、板が抜けたりしないか常に配慮しながら板の監視をしなければならないが、ここにきて自宅待機を政府から言われている訳で、仕事もなくただ家にいるという状況は、ある意味板をずっと監視するのには最適な時期にあるのかもしれません。
実は15年くらい前にも株はやっていたのですが、一度辞めて最近またやり始めたという事なのですが、実際取引をするのは最近やっていなかった。随分と手数料が当時より安くなったと証券口座を作った時には思いました。当時サンライズ証券だったと思います。1000円程度がワントレードでかかっていましたが、現在は数百円で出来る証券会社が結構ありました。口座開くにも当時は色々書類が戻ってきたりと結構面倒でした。ネット証券が出始めたころのように当時は、窓口とネットと丁度半々ぐらいの時期にあったと思います。当時は三交替制の仕事についていて、不覚にも夜勤明けだったこともあり、板を見ていたのにいつの間にか寝入ってしまって、株価がえらく下がってしまって数万円の損失を出したことを記憶しています。弱小投資をやっているので(手持ち金がしょぼかった)かなりのショックを受けてしまったと記憶しています。なんとなくですが、職場の人がパチンコ屋で負けた時、取り返そうとまた行く人がいましたがそんな心境になりました。なんとか取り返すという気持ちになり、これまでなぜそうなのか?と精神状態に理解ができませんがその時に始めてその人達の気持ちが解ったように思います。こうした失敗から夜勤では、取引は行わないという事を教訓にしました。確かに昼間開いているので取引はしやすいのですが、睡眠をしっかりとる事もいい取引になるのだと思います。

そうした苦い記憶や教訓を生かして、一円抜けを最近やり始めました。実は色々忘れていたこともあり、意外に初心者向けの一円抜けも、どこで底が抜けたり天井ぬけするかの知識をすっかり忘れていました。思い出しながらの取引きなので、これからが本番といえますね。なかなか昼間だと取引に集中するという事ができませんが、最初の売り上げがまだなので、いいオープニング取引にしたいです。そういえば最初の取引きはいきなり下がってしまって後に売り上げが出ました。ラッキーが今回もあればいいと思います。